喫煙者は要注意である肺気腫

喫煙者は要注意である肺気腫

肺気腫とは、肺胞が徐々に壊れてしまう病気です。

壊れてしまうことによって、酸素と二酸化炭素の交換が出来なくなってしまい、慢性的な息切れなどを引き起こしてしまうのです。

また、血液に酸素が上手に取り込みにくい状態になるということから、血流が悪くなり肺性心に陥ることも。

更には、細胞が壊れてスカスカ状態になってしまうので、元の肺に戻ることが出来ないのです。
では、肺気腫の原因というものはどこにあるのでしょうか。

肺胞が壊れてしまう原因は残念ではありますが、今の段階でハッキリしたものは改名されていません。

しかし、大気汚染や老化・遺伝的要素や喫煙なども深く関わっているといわれています。

特に、喫煙に関しては因果関係が明らかにされていますので、禁煙をしない限りは確実に肺気腫が進行するといわれているんです。

タバコは身体にとって良い効果というものはありません。

ですから、喫煙者の方は禁煙を行うというのも予防的にも病気の進行を抑えると行った意味合いにおいても効果的でしょう。
具体的な症状ですが、呼吸が乱れやすくなります。

日常的なちょっとした動作でも息切れを感じるようになるのです。

特に「息を吐く」のが苦しいと感じることが多いようです。

今まで、苦痛ではなかった階段の上り下りなどが苦しくなったなどと言う場合は、1度病院を受診されると良いかもしれませんね。
では、治療法といもうのはあるのでしょうか。

先にも触れましたが、1度発症してしまうと直すことが出来ないのです。

ですから進行を食い止めたり症状を緩和すると行った治療が中心となって行われます。

もし、肺気腫にかかった段階で喫煙者であるという場合には、禁煙は欠かせないものとなるでしょう。
薬物を使っての治療は、気管支拡張剤や去痰剤などを使い、空気を出し入れしやすい状態にします。

また、肺気腫になってしまうと肺炎になりやすいというリスクがありますので肺炎を予防するように心がけ、規則正しい生活を守り体力や免疫量の定期を防ぐこともまた大切になります。