インフルエンザウイルスの飛沫感染に気を付ける

インフルエンザウイルスの飛沫感染に気を付ける

毎年、流行に関するニュースなどを耳にするインフルエンザ。

このインフルエンザも呼吸器の病気の1つなのです。

これは、風邪ウイルスの一種であるインフルエンザウイルスが感染する美容気です。

インフルエンザウイルスには、A、B、Cという3つのものがありますが、流行を起こしているものに関してはAとB型なんです。

ウイルスは空気中に潜んでいることが大半で、鼻腔や咽頭などの上気道粘膜に付着し感染するのです。

この感染を「飛沫感染」と呼びます。
症状についてですが、一般的な感冒(風邪)よりも重症のものになります。

突発的に高熱が出て、全身的な症状がみられるのが特徴です。

のどの痛み・関節痛・頭痛・食欲不振といった呼吸器系の症状も現れやすいでしょう。

たま、下痢や嘔吐などと行った消火器系の症状も現れることも多いのです。

発熱は3日から4日程度が多いかと思いますが、長く患ってしまうことも。

熱が下がることで、先のような症状は沈静化していくでしょう。
またインフルエンザは合併症などに気をつける必要もあります。

特に、小さなお子さんですとか高齢者・妊婦などは注意が必要です。

また、心不全や糖尿病などと行った基礎疾患をお持ちの方などは、肺炎を合併しやすくなりますので気をつけましょう。
インフルエンザの治療ですが、内服薬を用いた治療方法が一般的です。

「ノイラミニダーゼ阻害薬」というものが使われることが多いのです。

これは、全身の諸症状の改善に効果があるといわれています。

しかしながら、発症して48時間以内でないと効果が少ないといわれていますから、早期での病院の受診が望ましいでしょう。

そして対症療法として安静と水分補給などという方法も。

場合によっては抗菌剤などを利用することもあります。
日頃の手洗いやうがいというものも、インフルエンザウイルスを遠ざける方法の1つです。

1年を通してこのような習慣を身につけておくというのもまた大切なことかと思います。

また、インフルエンザのワクチン接種などを受けておくのも手段の1つでしょう。